レーシック手術の真実

 そもそも、なぜレーシック手術をする必要があるのでしょう
か。
 日常生活を送るにあたって、メガネやコンタクトレンズを
使用していれば、レーシック手術をする必要は正直、存在
しないと思います。

 

 しかし、私も過去そうでしたし、これを読んでいるあなたは
レーシック手術に興味津々なはずです。
 昔に比べればレーシック手術をした人間というのは格段
に増えました。

 

レーシック手術の真実

 

 これを読んでいるあなたの周りにも数人は居るかもしれま
せん。しかし、そうはいってもまだまだ世間ではレーシック
手術を行った人は少ないですし、経験談も具体的には聞
いたことがないという場合が多いと思います。

 

 そこで今回は、実際にレーシック手術を行い、そして成
功し、術後3年経った私がレーシック手術について熱く語
ろうと思います。

 

 目は一生物です。もちろん不安な気持ちや、悩みもある
と思います。

 

 レーシック手術自体、名前を聞いたことがあるだけで、よ
くわからないという人も多いと思いますので、実体験を踏ま
えた上でお伝えできたらと思います。

レーシック手術とは

 まず、レーシック手術について「レーシック手術」という一
言で片付けるのは、安易過ぎるというのが経験者の私が
思っていることです。

 

 なぜならば、レーシック手術というのは一言にいっても、
様々な種類が存在するからです。

 

 手術をする病院によって、種類の名前は変わりますが、1
種類のレーシック手術しか存在しないと思っていたら、大
間違いなのです。

 

 具体的な名称を挙げると、エキシマレーシック、イントラ
レーシック・アイレーシックなどです。

 

 もちろん他にも多様多種の名称が存在するので、一言で
は表現できません。

 

 ちなみに私が3年前に行ったレーシック手術は当時最新
の手術であった、アイデザインレーシックを行いました。

私がレーシック手術を受けてみて

 タイトルの通り、私がレーシック手術(アイデザインレー
シック)を行ってから3年程度経過しました。

 

 当時の私の視力は両目とも0.06程度という、かなりの近
視レベルで、さらに弱乱視でしたが、術後すぐに1.5に回
復し、乱視も治り、今現在も尚両目とも1.5程度をキープし
続けています。

 

 ちなみに場所は新宿近視クリニックという場所で行いまし
た。

 

 サッカーの本田選手も同じ場所でアイデザインレーシッ
クを過去の行ったそうです。

 

レーシック手術の真実

 

 余談ですが、本田選手に対して「レーシック難民だ!」と
騒いでいる方がいらっしゃいますが、彼はバセドウ病という
病に患ってしまっただけで、レーシック難民ではありません。
 そして、レーシック手術がバセドウ病を誘発するという研
究結果はございませんのでその点はご安心ください。

 

 結果的に私はレーシック手術が大成功しました。
 むしろ成功していない人を探すほうが難しいとは思いま
すが、注意点についてこれから述べていきたいと思います。

レーシック手術の注意点その1

まずレーシック手術において、一番危惧されている点、
それは失明だと思います。

 

 経験者としては正直笑ってしまうような話なのですが、何
もレーシックについて知らない人は
「失明の危険性はないの!?」
と本気で恐れている人がいるのが現状です。

 

 結論から言うと、失明はありえません。超ごく稀に視力が
まったく回復しなかったという場合はもしかしたら有り得る
のですが、失明というのはありえません。

 

 専門的な話になってしまいますが、レーシックというのは
あくまでも角膜を矯正する手術であり、目の本体を刺激す
るような手術ではないので、失明はあり得ないのです。

レーシック手術の注意点その2

 「レーシック手術をするとすぐ老眼になってしまう!」
 レーシック手術をすると老眼を誘発してしまうと叫んでい
る人がたまに居ますが、
レーシック手術と老眼はまったく関係ありません!
 俗説ですね。

 

 そもそも、老眼とは何ぞやという話になってしまうのです
が、視力が良いと老眼が早まってしまうと俗説が流れてい
ますが、視力と老眼は関係ありません。

 

レーシック手術の真実

 

 ただ、視力が良いと老眼に気づきやすくなってしまうだけ
なのです。

 

 ちなみに、老眼の方がレーシック手術をする場合、片眼
だけ老眼対策用のレンズを眼球に埋め込むことで、遠近
両方に対応したレーシック手術が施されているそうです。

レーシック手術の注意点その3

 「失明と老眼の危険性がないのはわかった!でも後遺症
はあるのでは!?」
という疑問が次に浮かぶと思います。

 

 この疑問に関しては、
「ほぼ後遺症はない」
というのが正直な答えです。

 

 後遺症の候補として
・ハログレア
・ドライアイ
・近視の再発
 この3つが主に話題に挙がることが多いので、順を追っ
て説明していこうと思います。

ハログレアとは

 「そもそもハログレアって何だ!」
と思う方も多いと思いますので、簡単に説明させていただ
きます。

 

 ハログレアとは暗闇で蛍光灯などの灯りが必要以上に眩
しく感じてしまったり、光が大きく見えるようになってしまっ
たり、滲んで見えるようになってしまう後遺症の事です。
 個人差があるので一概には言えませんが、私に関しては
うっっっっっすらハログレアの後遺症があります。

 

 しかし、普通に生活していたらまず気づきませんし、まっ
たく困っていません。

 

レーシック手術の真実

 

 もしかしたらエキシマレーシックなどの古いレーシックを
行った人は、私以上に強い後遺症を患った人がいるかもし
れません。

 

しかし、
「ハログレアが酷すぎてレーシック手術をして後悔した!」
という声はまず聞いたことがないのが現状です。

ドライアイ

 ドライアイに関しては定義が非常に難しいです。
 結論から言うと、私は一切ドライアイの症状に苛まれた事
はありません。

 

 むしろコンタクトレンズの方がよほどドライアイを誘発して
しまい、過去のコンタクトレンズ生活の方がドライアイに悩
む事が多かったです。

 

 「むしろレーシック手術のおかげでドライアイが治った。」
と感謝しています。

 

 しかし、これもまたエキシマレーシックなどの古いレーシッ
クを行った人は、ドライアイに悩んでいる人ももしかしたら
居るかもしれません。

近視の再発

 「レーシックは成功したとしても、近視の進行が止まるわ
けじゃないんだから、何年後か何十年後かにまた視力が
悪くなるんじゃないのか!?」

 

という疑問がある人も多いと思います。
 これに関しては申し訳ないのですが、わかりません・・・。
 まずレーシック手術をして10年以上経過しているという
人間がこの世に少なすぎるからです。

 

レーシック手術の真実

 

 つまり、レーシック手術後のデータがとれていないのです。
 しかし、レーシック手術というのは再手術もできるので、仮
に未来で近視が進みすぎた場合でも、もう一度再手術す
ることはできるので、その点はご安心ください。

 

 ちなみに私はアイデザインレーシックを行って3年経過し
ましたが、未だにずっと1.5を維持しています。